道楽夫婦の部屋

RED STONEの『青鯖』に生息している、おかじとゆかこの道楽夫婦の日記みたいなものである・・・たぶん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~大切な日~

2年前の5月16日・・・
朝7:20頃、お腹にかすかな痛み
初めての経験なのに口から出た言葉は「あ、陣痛だ・・・」
予定日より2週間ほど早かった
旦那は仕事を急遽休み、私は病院へ連絡
初めてなので、戸惑い困惑している状態の私に看護師さんは

「15分間隔になったらもう一度電話ください」

と、なかなかの事務的返答だった
仕方ないから、用意してあった入院用品のチェックをする


3時間くらいたった頃、たいしてひどく痛みはしないが
とりあえず15分間隔になったので、もう一度病院に電話

「では、一度チェックしますのでこちらに来てくださいね。」

旦那に荷物を持ってもらい、母に支えてもらいながら車へ移動
母は後から義母と来ることになっていたので、とりあえず二人で出発
病院で胎動やらなにやらいろいろなチェック
かなりの時間を費やす (めんどくさいなぁと心でつぶやく)
陣痛は15分から10分間隔に移行中
この頃、たいして痛くないので少し不安になる
看護師さんも私の様子を見て

「こんなに反応あるのに痛くないの?」と聞いてくる

「まったくではないけど、痛くないです」とケロっと答える私

「その他の反応は良好(?)だから、このまま病棟の方に行きましょう」と言われる

看護師さんと話しながら病棟に向かう
どうやら、この病院では今ベビーラッシュとのことだ
私の他にも、その日に陣痛が始まった人が3人居るらしく
産科の看護師さんは、出産が済んだ人の看護や
私達の準備で1日中走り回っているそうだ
そうこうしているうちに、陣痛室という部屋に連れて行かれた
ここで出産までの時間を過ごすことになる
この陣痛室、隣の陣痛室とトイレが共用になっており
時折聞こえる隣の妊婦さんのうめき声が、私の不安を駆り立てた


病衣に着替えベットで寝ながら旦那と話していると、母’S(ハハーズ)がやってきた
しばらくすると婆’S(ババーズ)になるのだが・・・
ひっきりなしに私の事を心配してくれる心配性の義母に
ひっきりなしにいろんな事を喋りだす母の登場に
私の陣痛室はかなりの騒音をだしていた
そんな中でも旦那は、私のベットを半分占拠し・・・寝ていた
そして私は「隣の人に迷惑がかかるのではないか?」と心配していた


しばらくすると、先生と助産婦さんが子宮口のチェックをしに来た
このチェック、直接指を2本中に入れ子宮口の端から端までを
開いた指の間隔で調べるというもの
それは、それまでたいした痛みを感じていなかった私にはかなりの激痛だった
そして、後日談になるが出産よりこのチェックが一番痛かった
子宮口はある程度開いているそうだが
陣痛は10分間隔なのでまだ様子を見ることに
そしてコレを境に、陣痛らしい(?)痛みが私を襲ったのである


隣の妊婦さんがうめき声を上げる気持ちを理解した
これは、声を出さずにはいられない
身体をくの字に曲げ、痛みが過ぎるのを待つ・・
これをどの位繰り返しただろう・・・
しかし何時間過ぎても、10分間隔は変わらなかった
その間にも子宮口チェックは定期的に行われる
さらに、少しでも出産を促すためにと病棟内をうろうろ歩かされた
時間も9時を過ぎようとしているのに、なぜか10分の壁を越えられないのだ
家族も「今日中には産まれないだろう」と帰り、私は一人で長い夜を過ごした


5月17日・・・
食べたくは無いが体力を付けるために無理やり朝食をとっていると
旦那と婆’Sがやってきた
相変わらず10分間隔は変わらない
さすがに一晩痛みを感じていたせいか、今が痛いのかどうかさえわからなくなり始めていた


昼になっても状態は変わらないためか、先生が私を不憫に思ったのか
点滴で出産を促すことになった
点滴はすぐに効いてきて、その後すぐに分娩室に移動することになった


旦那に支えられながら一緒に分娩室に入り、踏み台を利用し
何とか分娩台にのぼり、いよいよ出産準備完了!


モニターを見ながら「息んで!」「休んで!」と言う先生を
痛みに慣れてきた私は

「こっちにも息みたいタイミングがあるんだ!」

と、叫びそうになりながら気持ちにかなり余裕のある状態で出産していた
旦那の握ってくれている手の力強さが、私を支えていたからなのだが


そうこうしているうちに、いよいよ頭が出始めておでこが見え始めた頃
先生が

「でてきたよ!ご主人に似ているね!」

と、いった瞬間私は「まだ、顔が出てないのに似てるって・・・?」
と、旦那のおでこの広さと別の意味での不安を覚え、出産途中にもかかわらず

「先生!赤ちゃんの髪の毛ありますか?」

と、聞いてしまうシーンもあったが


14:42
無事、息子の産声を聞くことが出来た


出産してすぐ私のお腹の上に、へその緒がついたままの息子が置かれ
そのへその緒を、旦那が振るえる手で切る
出来ちゃった婚の私たちには、これがはじめての「共同作業」に思えた





・・・2年前のそんな苦労が今は嘘のようだ
君は産まれた時と変わらず、私たちに優しさを与えてくれる
毎日毎日、泣き、笑い、元気に跳ね回る
1日1日、言葉が増え
1日1日、行動が増え
2年前のあの日から
写真では写しきれない表情と
記録には残しきれない思い出を
これから先も、私達の心に残していきたい
産まれてきてくれて『ありがとう』
私達の大切な宝物、愛しい息子武(たける)



 2歳のお誕生日おめでとう 


アップ




             ちょっと遅れたけど5月17日のつもりで・・・    ゆかこ
スポンサーサイト
  1. 2007/05/18(金) 02:16:16|
  2. 日記もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

求)25GT 出)愛


GTさんへのメッセージ



寂しくなるけど、『ずっと友達』

この思いは変わらない。

たとえギルドが違っても。

いつでも貴方の耳を待っています。




追伸:ギル戦で対戦する時は、狙わないで下さい。(ォィ


  1. 2007/05/02(水) 12:17:24|
  2. ゲーム♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ゆかこ♪

Author:ゆかこ♪
いらっしゃいませヽ(´▽`)/
夫婦で初めてのオンラインゲーム
『RED STONE』の冒険記と
リアルを綴ったブログへようこそ♪

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

青鯖で
旦那”おかじ”と一緒に
ゲームもリアルも奮闘中w

見かけたらお気軽に
声をかけてくださいね♪

恥ずかしがって
逃げることうけあいです
( ´艸`)ムププ

リンクフリーですが、
コメント残していただけると
ありがたいです♪


(C)2004 L&K LOGIC KOREA CORPORATION. All Rights Reserved
(C)2004 GameOn Co., Ltd
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

ちょっと気になる脳トレ!

最近、脳年齢が気になります(´・ω・`)


無料ブログパーツ

無料ブログパーツ

最近の記事

最近のコメント

ヘソクリ貯めませんか?

井戸端会議はこちらでどうぞ(ノ´∀`*)

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。